緊急事態舞台芸術ネットワークさまより賛同団体へ

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室から「今後の催物の開催制限等の取扱いについて」の事務連絡が公開されました。
現在の催物の開催制限について、制限措置地域以外も含めた全国にかかる措置が、10月末までの延長されます。
「今後の催物の開催制限等の取扱いについて」
https://corona.go.jp/news/pdf/jimurenraku_seigen_20210827.pdf

緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の地域にかかる制限の他、各措置解除後もこちらの内容が10月末まで適用されます。主に大規模イベント(参加人数5,000人以上)に対する制限の延長となりますので、舞台芸術では対象になる公演は少ないかと思いますが、「感染状況の悪化やクラスターが発生した場合は、規制の内容を見直す方針」ということですので、引き続きガイドラインを遵守して事業を行なっていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。詳細は、資料1をご覧ください。

公演主催者におかれましては、業種別ガイドラインによる対策を順守の上、より強い対策を心がけていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体として、当協会へも最新情報を頂戴しましたので、ご案内致します。

以下は、2021年7月8日付けの内容です。

東京都への4回目の緊急事態宣言に伴い、事務連絡が公開されております。
□ 基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について
https://corona.go.jp/news/pdf/jimurenraku_seigen_20210708.pdf

舞台芸術公演(発声を伴わない)の開催制限については、以下のようになっています。
・収容率50%以内、かつ人数上限5,000人
・21時までを目安に営業時間の短縮の要請(罰則なし)
・販売済みチケットのキャンセルは不要
・周知措置期間は3日間(7月9日〜11日)

東京都は、国の基準に準ずるとのことを確認しています。
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1007617/1014242.html

文化庁からも事務連絡が公開されています。
□7月8日に決定された緊急事態宣言の区域変更及び期間延長等について
https://www.mext.go.jp/content/20210709-mxt_kouhou01-000007004_2.pdf

*国の方針を受けて、各自治体で制限の内容が異なる場合がございますので、
最新の情報のご確認をお願い致します。