協会のご案内

 

日本舞台監督協会とは
本協会は、舞台芸術の各分野で舞台監督の仕事に従事する人達の自主的な集まりとして、相互の親睦と協力をはかるとともに、日本における舞台監督の社会的、経済的、芸術的地位の確立と、会員の技術向上ならびに福祉厚生の充実をはかり、併せて関連諸団体との連係を深め、日本の舞台芸術の発展と国際交流に寄与することを目的とする。

1972年に舞踊やバレエの舞台監督を中心に「日本舞台監督者協会」(初代会長 田中好道)が1974年には主に演劇の舞台監督を中心に「舞台監督協会」(初代会長 水品春樹)が相次いで結成されました。

沿革
今日、舞台監督を取り巻く状況は時代の進展と共に解決すべき切実な課題が増大してまいりました。1999年5月にお互い抱えている課題を話し合い、労災問題、契約書、著作権、資格認定問題等、当面する重大な課題について、一つの組織にまとまり、より大きな力となって取り組んでいこうということで認識の一致を見ました。2000年4月「日本舞台監督協会」設立。会員数226名(2016年3月末現在)

主な事業

  • 会員の親睦、協力に関する事業。
  • 会員の技術、専門知識の向上に関する事業。
  • 舞台監督の理論及び職域の確立に関する事業。
  • 舞台監督の後継者育成に関する事業。
  • 職務環境改善と安全維持の為の事業。
  • 会員及びその家族の福利厚生に関する事業。
  • 内外芸術関連活動に就いての、調査研究と情報資料収集に関する事業。
  • 契約内容、労働条件等の改善に関する事業。
  • その他目的達成の為に必要な事業。
  • 助成団体からの資金でフォーラムを開催。年一回開催しています。

在外研修員の派遣
文化庁芸術家在外研修員派遣の推薦。協会では毎年在外研修を希望する会員を推薦しています。
文化庁による書類選考、面接を経て決められます。
協会は「舞台美術等」の分野に属し、1年、3箇月の研修があります。

発行物

  • 協会手帳 年一回発行
  • 会員住所録
  • 協会ニュース 年数回発行
  • 協会データ通信 年一回発行
  • 機関誌「舞台監督」 2年に一回発行


会費 入会金 ¥5,000/年会費 個人会員¥10,000/賛助会員(法人)¥20,000(1口)

お知らせ

2018年度会費のご納付をよろしくお願いします。

一般社団法人 日本舞台監督協会では、2018年度会費のご納付を受け付けております。

2018年度は2018年5月1日~2019年4月30日の期間となります。

昨年総会(2018年7月)のご案内を始め、その後の総会議事録のご案内、
及び、12月初旬の2019年度住所録&手帳のご案内も含めて、年間での活動ご報告をし、
並行して年会費のご納付のお願いを同封しております。
皆様へのお手元へお送りしている印刷物や郵送費も、個人会員様、賛助法人会員様の
年会費により運営されていますので、ご理解とご協力の程を、お願い致します。

恐れながら、個人会員の方に於かれましてはまだ未納の方が多く、納付履歴をお問合せから
ご用命頂ければ、お調べしてお答えいたします。
ぜひ、会費ご納付を何卒よろしくお願い致します。

2019年1月19日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

舞台技術者のための横断的総合研修「上級」のご案内

 

この度2月に文化庁・舞台技術者連合主催の「舞台技術者のための横断的総合研修「上級」」を開催します。
ぜひ一人でも多くのご参加をお願いします。
舞台技術者連合は舞台で働く技術者のために充実した活動を続けています。

ご応募お申込先:bgr.jim@gmail.com
「舞台技術者のための横断的総合研修「上級」」応募として
1)氏名(ふりがな)
2)所属団体名
3)連絡先TEL(携帯可)
4)働いているジャンルと舞台経験年数
5)懇親会への参加有無(2/21会費制)
主催:文化庁、一般社団法人 舞台技術者連合

教員募集のお知らせ「京都造形芸術大学」*締切2019年1月7日

 

学校法人瓜生山学園京都造形芸術大学 舞台芸術学科では、教員を募集されていますのでご案内いたします。
求人内容は以下となります。宜しくお願いします。

大学トップページへ
https://www.kyoto-art.ac.jp/other/staff/pdf/20181207_04.pd

教員求人ページへ
https://www.kyoto-art.ac.jp/other/staff/

 

2019年1月1日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

2019年度の手帳&住所録の送付ご案内

いつも大変お世話になっております。
2019年度の手帳と住所録をお手元に28日一斉発送をいたしました。近々にお手元に届くと存じます。
なお、日本舞台監督協会からの最新のニュースと法人会員である「OISTAT日本センターNEWS」も同封しました。
引続き協会へのご指導の程を、宜しくお願い致します。
同時に2018年度の年会費を受け付けておりますので、まだ未納の会員さまに於かれましては何卒お手続きの程を
宜しくお願い申し上げます(同封にて振込口座をご案内中です)。
*年内にぜひ、お振込みをお願い致します。事務局ボランティアで会員様へのご案内を続けております。
お手元に届かない会員様は、事務局(HPお問合せより)へご一報ください。
過去年度の会費未納分のご照会も兼ねご連絡させて頂きます。拝

2018年12月1日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

ジャズ音響研究会~アーテイストに学ぶジャズの音創り:2018年12月6日(木)

 

日本音響家協会主催
日本舞台監督協会協力

日時:2018年12月6日(木)13:00~16:00
会場:新宿区民会館四谷ホール
参加費:舞監協会会員様は無料(一般参加費3000円)

*日本舞台監督協会よりご参加下さいました皆様、有難うございました。
当日は、音響家協会のPAの操作とジャズ演奏家でバークリー音楽院で学ばれたベーシストで録音コーディネーター塩田様からマイクの種類の違い、収音角度の違い、演奏者と観客積で聴こえる音質の差等をデモンストレーション頂きながら、観客席との質疑応答を毎回繰り返しながら、ジャズ演奏会での音響家裏方さんの技量や苦労の下、演奏者との共演で何処まで追求できるか?という、とても貴重で希少な体験の場となりました。
日本音響家協会様の皆様には、心より御礼申し上げます。