一般社団法人 舞台監督協会 のご案内

 

一般社団法人 日本舞台監督協会 (JAPAN ASSOCIATION of STAGE MANAGER, PRODUCTION MANAGER, and TECHNICAL DIRECTOR )とは
本協会は、舞台芸術の各分野で舞台監督の仕事に従事する人達の自主的な集まりとして、相互の親睦と協力をはかるとともに、日本における舞台監督の社会的、経済的、芸術的地位の確立と、会員の技術向上ならびに福祉厚生の充実をはかり、併せて関連諸団体との連係を深め、日本の舞台芸術の発展と国際交流に寄与することを目的とする。

1972年に舞踊やバレエの舞台監督を中心に「日本舞台監督者協会」(初代会長 田中好道)が、
1974年には主に演劇の舞台監督を中心に「舞台監督協会」(初代会長 水品春樹)が、
相次いでこの会を結成しました。

沿革
今日、舞台監督を取り巻く状況は時代の進展と共に解決すべき切実な課題が増大してまいりました。1999年5月にお互い抱えている課題を話し合い、労災問題、契約書、著作権、資格認定問題等、当面する重大な課題について、一つの組織にまとまり、より大きな力となって取り組んでいこうということで認識の一致を見ました。2000年4月「日本舞台監督協会」設立。会員数206名(2019年12月末現在)

主な事業

  • 会員の親睦、協力に関する事業
  • 会員の技術、専門知識の向上に関する事業(舞台技術者連合への協力)
  • 舞台監督の理論及び職域の確立に関する事業
  • 舞台監督の後継者育成に関する事業(育成研究会)
  • 職務環境改善と安全維持の為の事業(事故事例調査研究委員会)
  • 会員及びその家族の福利厚生に関する事業
  • 内外芸術関連活動に就いての、調査研究と情報資料収集に関する事業
  • 契約内容、労働条件等の改善に関する事業
  • その他目的達成の為に必要な事業
  • 協力団体や音楽堂との連携によるフォーラムを開催(フォーラム委員会)

在外研修員の派遣
文化庁芸術家在外研修員派遣の推薦。協会では毎年在外研修を希望する会員を推薦しています。
文化庁による書類選考、面接を経て決められます。
協会は「舞台美術等」の分野に属し、360日間、80日間等の研修があります。

発行物

  • 協会手帳(年一回発行)
  • 会員住所録(年一回発行)
  • 協会ニュース(年数回発行)
  • 会員データ更新(随時)
  • 機関誌「舞台監督」 2年に一回発行


会費 入会金 ¥5,000/年会費 個人会員¥10,000/賛助会員(法人)¥20,000(1口)

お知らせ

芸団協「雇用調整助成金」特例措置についての説明会 3月26日(木)12:30~14:00

 

会員各位(個人会員様・賛助会員様)~「緊急」

平素は当協会の活動にご理解とご支援をいただき誠にありがとうございます。

本日急ではありますが、表記の案内が事務所にFAXで届きました。遅くなりましたがHPにてご案内致します。
新型コロナウィルス感染拡大の影響により事業活動が縮小し、雇用の維持を図るために、休業手当を従業員に支給した団体・事業主に対して、雇用調整助成金が支給される可能性があります。この雇用調整助成金の特例措置について、以下の要領で、社会保険労務士を講師とした説明会を開催いたします。
尚、本説明会の内容は、助成金申請書の要件や提出書類など、専門的な内容となりますので、労務管理や総務のご担当など、就労に詳しい方のご参加が相応しいようです。会場の都合上、定員を超過した際に、申し込み順になるようです。
まずは、下記にてご案内申し上げます。

日時:3月26日(木)12:30~14:00

会場:芸能花伝舎
お問い合わせ先:公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 実演芸術振興部

参加申し込み:entry@geidankyo.or.jp / FAX:03-5909-3061(TEL:03-5909-3060)
締切:3月25日(水)14時迄
*申込用紙(geidankyou0326をダウンロードしてお使いください)
*会員団体名をお申し出ください。

 

2020年3月24日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

延期のご案内⇒舞台技術セミナーvol.10 舞台の演出効果を高める各種効果とその安全対策 2020.4.29

*新型コロナウイルス感染の影響により、3月26日に東京芸術劇場より4月末迄のイベントが延期となりました。改めて実施についてはご案内申し上げます。

*一般社団法人 舞台監督協会協力事業
公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場イベント・講座
日時:2020年4月29日(水)10:00~17:00(受付9:30~)
会場:東京芸術劇場 プレイハウス
講座:各種演出効果の使用方法を理解し、それぞれの安全対策について学ぶ
参加費:1000円(*協会会員はお申込みの際に御招待となります)
お問合せ:東京芸術劇場 事業企画課 人材育成担当 03-5391-2116

内容:各種演出効果の使用方法を理解し、それぞれの安全対策について学ぶ

「舞台演出上の効果を高めるため」のスモークマシンや火薬などの持ち込み、喫煙、ろうそくや松明などの裸火使用は、舞台上での禁止行為とされています。その許可を得るために所轄消防署に禁止行為解除申請をするのが舞台監督の仕事の一つです。それ以外にも水を使ったり、雪を降らすなどの特殊な演出効果があり、それぞれに工夫や安全対策を施すことが重要になっています。
今回のセミナーは日本舞台監督協会理事・矢野森一氏ご協力のもと、実際に特殊効果を実践している株式会社STAGE DOCTOR代表取締役・福澤諭志氏に企画監修していただきました。株式会社特効・糸田正志氏をお招きし、各種演出的な効果を体験するとともに、劇場としての安全管理対策をどのようにすれば良いかを検証していきます。

兒玉庸策 名誉理事の2020年1月26日ご逝去のお報せ

当協会の名誉理事であられる、兒玉庸策様が、2020年1月26日午後12時44分にご逝去されました。享年82歳。
ご葬儀は1月30日に家族葬(喪主は兄上の兒玉東策様)で行われたとのことでした。
ご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
劇団関係者方々でのお別れの会を行われる予定。(問合せ先:劇団民芸/電話044-987-7711)2020.1.30.17:33

兒玉庸策 様 略歴
劇団民芸演出家。1938年1月16日生まれ。愛媛県出身。明治学院大学卒。1961年劇団民芸俳優教室に入り、民芸研修生をへて、65年に劇団民芸の劇団員となる。初演作品は74年の金芝河原作『蜚語(ひご)』。80年から81年に文化庁芸術家在外研修員とひてイギリスへ留学。
近年の演出作品は小山祐士作『二人だけの舞踏会』(99)~木下順二作『神と人とのあいだ 第一部 審判』(18)他、多数。
演出をつとめられていた2月公演『白い花』の稽古中でしたが、演出助手の丹野郁弓が引継がれて上演されるとのことです。

2020年1月31日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

2019年度年会費のご納付の再度のお願い

日頃は当会の運営に際し、ご支援ご協力を賜り、大変お世話になっております。
なお、2019年度の年会費(2019年5月1日~2020年4月30日)のご納付を受付ております。
恐れながらまだ未納の会員様に於かれましては、下記宛ご納付のお手続きを宜しくお願い致します。
また、口座引落しのお手続きも申し受けておりますので、お手数ですが、事務局メールアドレス宛、
もしくは総務委員会迄ご一報をお願いいたします。すぐにお手続きの用紙をお送りいたします。
引続き御指南とご意見等ご鞭撻のほど、宜しくお願い致します。(総務委員会)

2020年1月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

舞台技術者のための横断的総合研修「上級」2/7(金)~2/8(土)東京・芸能花伝舎 開催

 

舞台技術者のための横断的総合研修「上級」開催。受講者を募集中!
2月6日(金)13:00~ 2月8日(土)10:30~
*会場:東京会場/芸能花伝舎A1会議室(地下鉄丸の内線・西新宿駅より徒歩5分)
申込み先:一般社団法人 舞台技術者連合事務局(芸能花伝舎3F)
⇒ bgr.jim@gmai.com(舞台監督協会のお問合せもご活用下さい)
お陰様で、定員を満たしましたので、受付は終了いたしました。
ご協力を誠に有難う御座いました。