一般社団法人 舞台監督協会 のご案内

 

一般社団法人 日本舞台監督協会 (JAPAN ASSOCIATION of STAGE MANAGER, PRODUCTION MANAGER, and TECHNICAL DIRECTOR )とは
本協会は、舞台芸術の各分野で舞台監督の仕事に従事する人達の自主的な集まりとして、相互の親睦と協力をはかるとともに、日本における舞台監督の社会的、経済的、芸術的地位の確立と、会員の技術向上ならびに福祉厚生の充実をはかり、併せて関連諸団体との連係を深め、日本の舞台芸術の発展と国際交流に寄与することを目的とする。

1972年に舞踊やバレエの舞台監督を中心に「日本舞台監督者協会」(初代会長 田中好道)が、
1974年には主に演劇の舞台監督を中心に「舞台監督協会」(初代会長 水品春樹)が、
相次いでこの会を結成しました。

沿革
今日、舞台監督を取り巻く状況は時代の進展と共に解決すべき切実な課題が増大してまいりました。1999年5月にお互い抱えている課題を話し合い、労災問題、契約書、著作権、資格認定問題等、当面する重大な課題について、一つの組織にまとまり、より大きな力となって取り組んでいこうということで認識の一致を見ました。2000年4月「日本舞台監督協会」設立。会員数206名(2019年12月末現在)

主な事業

  • 会員の親睦、協力に関する事業
  • 会員の技術、専門知識の向上に関する事業(舞台技術者連合への協力)
  • 舞台監督の理論及び職域の確立に関する事業
  • 舞台監督の後継者育成に関する事業(育成研究会)
  • 職務環境改善と安全維持の為の事業(事故事例調査研究委員会)
  • 会員及びその家族の福利厚生に関する事業
  • 内外芸術関連活動に就いての、調査研究と情報資料収集に関する事業
  • 契約内容、労働条件等の改善に関する事業
  • その他目的達成の為に必要な事業
  • 協力団体や音楽堂との連携によるフォーラムを開催(フォーラム委員会)

在外研修員の派遣
文化庁芸術家在外研修員派遣の推薦。協会では毎年在外研修を希望する会員を推薦しています。
文化庁による書類選考、面接を経て決められます。
協会は「舞台美術等」の分野に属し、360日間、80日間等の研修があります。

発行物

  • 協会手帳(年一回発行)
  • 会員住所録(年一回発行)
  • 協会ニュース(年数回発行)
  • 会員データ更新(随時)
  • 機関誌「舞台監督」 2年に一回発行


会費 入会金 ¥5,000/年会費 個人会員¥10,000/賛助会員(法人)¥20,000(1口)

お知らせ

令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」7月10日受付開始

文化庁より、令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」が、文化庁HPにて7月6日に公開されました。https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20200706.html
詳しいお問い合わせは,コールセンター 0120-620-147 にお願いいたします。
【10:30~17:00(土・日・祝日も対応しています(年末年始は除きます))】

募集案内

事業概要

募集案内骨子

事前確認認定団体一覧

Q&A

入力事項(募集案内P18)記入イメージ

※オンライン申請の詳細については,申請受付開始(2020年7月10日開始)となります。
(簡易な手続き・審査)による申請が可能な
「活動継続・技能向上等支援A-①」標準的な取組を行うフリーランス等向け(上限20万円)
「活動継続・技能向上等支援A-②」より積極的な取組を行うフリーランス等向け(上限150万円)
「活動継続・技能向上等支援B」小規模団体向け(上限150万円)は別に事業計画書の提出が必要です。

2020年7月8日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

東京都の「アートにエールを!東京プロジェクト」再募集6月23日~24日/ステージ型6月29日~募集

「アートにエールを!東京プロジェクト」の再募集のご案内 …6月12日に、再募集のHPがアップされました。
6月23日~24日が個人登録期間ですので、再募集Q&Aもご確認ください。

  • 東京都「アートにエールを!東京プロジェクト」
    • 新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、活動を自粛せざるを得ない都内在住または都内を主な活動拠点とするプロのアーティスト、クリエイター、スタッフ等が対象。
    • 動画作品を募集し、専用サイトで配信。
    • 出演料として一人10万円、1作品最大100万円(ID個人登録をされたグループで10人迄のPJ可)支払い。アーティスト本人のほか、カメラワーク、照明、編集など携わった人も対象。*第一回目との関連は再募集Q&Aをご参照下さい。
  • 東京都 無観客公演配信補助
    *無観客や入場を制限して公演を開き、その公演の動画を都のウェブサイトで無料配信した場合が対象。
    *支給額は、1公演につき200万円。
    (経緯)皆さまのご意見、思いをもとに小池都知事へ強く要望(TFの会より)された「アートにエールを!」再募集&新たな支援策、が発表されました。
    新たな支援(ステージ型)は、都内の劇場・ホール等で予定していた公演が中止・延期となった団体が、無観客や入場を制限して開催し、一定期間無料配信する公演などを支援します。制作支援金は、1件200万円。詳細は添付資料をご確認ください。
    *6月29日~公募が開始されます。


※同サイトから…第一回目の公募は4000名に対し約2万人の応募があり個人登録の受付は5月15日18時で終了。 今回は第2弾です。
東京都は、新型コロナウイルスの感染拡大防止の影響から、活動を自粛せざるを得ないプロのアーティストやスタッフ等を対象とする芸術文化活動支援事業「アートにエールを!東京プロジェクト」の概要を発表しました。Web 上で 配信する動画作品を募集し、専用サイトで配信するとともに、制作されたアーティストやスタッフ等に出演料相当として一人当たり10万円(税込、1作品につき上限100万円)を支払うというもの。応募資格は、都内居住または都内を主な活動拠点にしていることで、事前に特設サイトからの個人登録が必要です。
概要、募集要項・応募規約等は以下のサイトから。
https://www.seikatubunka.metro.tokyo.lg.jp/bunka/katsu_shien/0000001441.html

【プロジェクト立上りの経緯】
都議会(TFの会)では、音楽・美術・落語・演劇・映画館等からの「東京の文化を灯し続けたい」と切実な要望を1000名以上のお声を頂き、小池都知事に支援策を実現するよう強く求めていました。こうした皆さんの思いを受け、東京都は「アートにエールを!東京プロジェクト」実施する運びとなりました。プロのアーティスト、スタッフの制作作品をWEB上で掲載・発信する機会を設け、また都民の皆さんが自宅でも芸術文化に親しめる場も提供します。
【各支援窓口情報】*以下の各窓口の連絡先(東京都と全国:同都議より提供)をぜひご参照ください。

*「アートにエールを!」の企画応募(結果)については当HPでご報告させて頂きたく、どうか宜しくお願い申し上げます。

2021年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集開始

2021年度 文化庁「新進芸術家海外研修制度(長期研修)」の募集開始
芸術家等を対象に、海外の芸術団体や劇場等での実践的な研修を行う機会を提供する制度(長期研修)の募集が開始しました。研修開始日は、原則として令和3(2021)年9月1日~令和4(2022)年3月31日の間に日本を出発する日とし、日本到着日が終了日となります。なお、募集に関する詳細は、下記サイトより募集案内をご確認ください。
http://www.zaikenbunka.go.jp/wp-content/uploads/2020/06/r3chouki.pdf
【応募締切】2020年8月3日(月)消印有効

2020年6月15日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

新型コロナウイルス感染影響のアンケート調査の報告と御礼

舞台監督協会 会員各位
当協会への「新型コロナウイルス感染に関するアンケート」(個人情報保護)へのご協力をありがとうございました。
アンケートの一部の項目(Q3~Q8)は、ご案内の通り参加団体である芸団協へ提出いたしました。
「文化芸術推進フォーラム」から「文化庁」への要望書へ、同アンケート集計結果が寄与しているとのことです。
以下集計をグラフ化して(赤字をクリックください)ご報告申し上げます。(2020.4.24配信~6.2受理)
【新型コロナウイルス感染影響に際する影響アンケート】
集計結果(郵送&メール配布数176名⇒回収数90名:協会会員53名/協会関係者37名)
質問Q1.仕事のジャンル(舞台監督の仕事のジャンル/舞台監督とその他)
Q2. 所属する組織・会社/フリーランス等
Q3影響を受けた公演件数
Q4中止または延期となった上演期間
Q5受けた損害の有無と損害内容
Q6現時点での今後の予定
Q7.Q8   政府への要望、又はその他の意見等(自由記述)
Q9.Q10中止・延期についてのお知らせ/補償有無と先行きの話

*集計分(6/2受付迄)はご協力いただいた皆様(協会員様その他)へ御礼方々直接ご案内予定です。
皆様からのアンケートに依りコロナ禍における「声」を5月22日に要望書として届け
文化庁からの第二次補正予算への具体的な足がかりとなりました。

 

 

稲盛財団文化芸術支援プログラムの支援先の決定(芸団協様より)

会員各位
当協会が団体登録をしております、芸団協(公益社団法人日本芸能実演家団体協議会)より、表記の支援プログラムの
ご案内がありました。芸術団体の活動継続に資することを目的とした稲盛財団様からのご支援(合計3億円のご支援)です。
“コロナ禍にある文化芸術への支援の広がりと充実を願って「稲盛財団文化芸術支援プログラムの始動に協力”
のご案内(芸団協)
(芸団協「稲盛財団文化芸術支援プログラム」の始動に協力)*2020年5月17日締切

「稲盛財団文化芸術支援プログラム」支援先が決定!!
応募数240件⇒採択数74件 稲盛財団様のご支援により支援総額が増え3億5000万円となりました。
芸団協が芸術団体への周知や審査体制構築に協力した「稲盛財団文化芸術支援プログラム」の支援先が決定しましたので、
以下の稲盛財団のウェブサイトをご覧下さい。

https://www.inamori-f.or.jp/200601

また、支援先の決定を受け芸団協からのコメントを公表されています。ご覧ください。

https://www.geidankyo.or.jp/news/detail20200601inamori.html