芸団協事務局より「緊急事態宣言」発生へのご案内:20210424/21:30

芸団協会員 各位
芸団協事務局です。下記について傘下の会員の皆様への周知にご協力賜りたくご連絡致しました。
【緊急事態宣言に伴う催物開催制限の例外措置について】
既に報道にもある通り、25日(日)より東京都、京都府、大阪府及び兵庫県を対象に緊急事態宣言が発出されるにあたり、「催物の開催制限」や「施設の使用制限」等が実施されることとなりました。

この度その詳細について内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より下記の通り連絡がありましたのでお伝えいたします。https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_20210423.pdf

この中で、催物については、社会生活の維持に必要なものを除き、原則として無観客での開催が要請されていますが、無観客化・延期等を実施すると多大な混乱が生じてしまう場合には、例外的に、25日から直ちに無観客化・延期等を実施しなくても差し支えないとされ、その際、都府県及び国の双方に相談の上、進めることが求められています(上記2頁目「②留意事項」参照)。

この度、文化庁より、上記の例外的な取扱いが必要な場合の連絡先について下記の通りご案内いただきました。なお、連絡の際は現在までのチケット販売数を含めお知らせくださいとのことです。
■連絡先(①と②の双方にご連絡ください)
① 国(文化庁)
・s-kikaku@mext.go.jp
・bunkichou@mext.go.jp
・geibun@mext.go.jp (以上3つのアドレスにお送りください)
② 都府県(例)東京都の場合
・東京都総合防災部防災管理課危機管理調整担当
電話:03-5388-0567
メールアドレス:S0031507a@section.metro.tokyo.jp
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1009761.html

※恐れ入りますが、京都府、大阪府、兵庫県の連絡先は各府県に直接お問い合わせください。以上、急なご連絡となり申し訳ございませんが、ご協力のほど何卒宜しくお願い申し上げます。

 

緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体への呼び掛け(緊急事態宣言発生の対応)

「緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体」として、舞監協会への同ご案内を頂戴しましたので、下記ご案内申し上げます。
緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体の皆さまへ。
4/25〜27の期間に予定されているイベントの開催について、内閣官房コロナ対策室、経産省、文化庁、東京都と確認を進めております。先ほど(4月24日15時代)に事務連絡が公開されました。

「基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_20210423.pdf

2ページにある、1(1)②項には、「ただし、無観客化・延期等を実施すると多大な混乱が生じてしまう場合も想定されることから、このような事態と主催者が判断する場合には、例外的に、25日から直ちに無観客化・延期等を実施しなこととして差し支えないこともあること。ただし、この場合、催物の主催者は、該当の特定都道府県及び国の双方に相談の上、進めることとすること。」と、明記されていることから、明日からの中止では混乱が大きく無理な団体様は、各主催者ごとに国と自治体の窓口に数日程度の延長についてご連絡をいただければと思います。

連絡をされる際には、許可を求めるのではなく、団体様ごとのご方針を伝え相談して頂く書き方にてお願いいたします(下記文案をご参照)。ただし、事実でないことを記載されたり、制止を受けても公演を強行などされますと、例えば補助金の不交付事由ともなりますので、ご注意ください。 比較的大規模な公演でない場合、本日周知できるのではといった指摘を受ける可能性は上がるかと思われます。

*国の窓口は文化庁となります。
*東京都の窓口は以下となります。
□東京都総合防災部防災管理課危機管理調整担当 電話:03-5388-2604 メールアドレス:S0031507a@section.metro.tokyo.jp

国、東京都への相談問い合わせ用に、サンプル文を作成いたしましたので、ご活用ください(あくまで参考用であり、メールは事実は基づいて正しくお書きください)。(例)東京都への相談メールサンプル※宛先と括弧内を適宜編集してお使いください。ーーーーーーーーーーー

タイトル:公演中止についてのご相談
東京都総合防災部防災管理課危機管理調整担当 御中
大変お世話になっております。◯◯◯◯と申します。弊社は◯◯◯◯(会場名)において下記の演劇公演を開催いたします。このたびの緊急事態宣言による要請に伴い公演の中止を検討しておりますが、その対応についてご連絡させて頂きました。
1、日時
2、場所
3、演目
4、備考 こちらの公演につきまして、4月23日付け内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室長からの事務連絡に基づき、25日より無観客化・延期等を実施すると多大な混乱が生じてしまうと判断し(文化庁もしくは自治体名)と相談のうえ、27日公演終了をもって中止させて頂く予定です。
すでに主要プレイガイド3社のほか複数の経路にて事前にチケットを購入のうえご来場を予定されているお客さまへの周知徹底がかないませんこと、また無観客での公演ライブ配信の準備手配は不可能であるため、対応についてご相談をさせていただきたく存じます。周知不徹底や直前での中止による不測の事故を避け、会場付近でかえって密な混乱が生まれることの抑止をいちばんに考え、感染拡大防止対策に万全を期したうえで27日まで公演を開催させていただきます。28日以降の公演については中止し、人流を抑えることを通じて感染症予防に努めてまいる所存です。

ご確認のほどよろしくお願いいたします。
◯◯◯◯

ーーーーーーーーーーー

大阪府、京都府、兵庫県の相談窓口も、現在確認を進めております。引き続き、新たな情報確認でき次第お知らせいたします。
賛同団体のみなさまには、各加盟団体さまへも共有いただければと思います。繰り返しになりますが、当ネットワークに参加する皆さまにおかれましては、引き続きガイドラインの遵守を徹底していただき、安全に公演をご進行くださいますようお願い申し上げます。

 

2021年4月24日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

「文化芸術活動の継続支援事業」に関するアンケートを実施(回答締切:5/6)

「文化芸術活動の継続支援事業」に関するアンケートを実施(回答締切:5/6)
舞監協会が参画の芸団協様からのご案内です。
構成団体のひとつである文化芸術推進フォーラムは、独立行政法人日本芸術文化振興会とともに、「文化芸術活動の継続支援事業」に申請された方々を対象に、アンケート調査を実施しています。
皆様の活動に関する状況や、「文化芸術活動の継続支援事業」に対する意見などをお伺いし、今後の支援策の検討等に役立てることを目的としています。
【アンケート実施期間】2021年4月21日(水)~5月6日(木)12時
*本アンケートは、独立行政法人日本芸術文化振興会および文化芸術推進フォーラムが、株式会社インテージリサーチに委託(集計・分析)して実施します。
調査対象となる方々へは、株式会社インテージリサーチ(@intage.co.jp)から直接Eメールが届きます。
迷惑メールフォルダも含めて、「文化芸術活動の継続支援事業」の申請時のメールアドレスをご確認いただければ幸いです。
◆無記名での回答を統計的に集計します。回答によって個人が特定されることはありません。
◆頂戴した回答内容は、本アンケートの集計・分析以外の目的に使用することはありません。
統計的に有意義な集計結果を得るためには、できるだけ多くのご回答が必要です。メールを受信された方は、本調査の趣旨をご理解いただき、回答へのご協力をお願いします。
【調査実施主体】独立行政法人日本芸術文化振興会/文化芸術推進フォーラム
【調査実施機関】株式会社インテージリサーチ

2021年4月21日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : bukankyoukai

芸団協ご案内:「地域の文化芸術関係団体との連携によるアートキャラバン事業(地域連携型)」開催地域の募集(企画提案締切:4月19日)

【お知らせ】「地域の文化芸術関係団体との連携によるアートキャラバン事業(地域連携型)」開催地域の募集(企画提案締切:4月19日)

文化庁 令和2年度第三次補正予算で実施する「地域の文化芸術関係団体との連携によるアートキャラバン事業(地域連携型)」は、コロナ禍で中止、延期、縮小等を余儀なくされた全国の文化芸術活動の再開、実施の後押しをすることを目的としています。芸団協としては、全国の皆様と力強く連携しながら、コロナ感染拡大防止に十分に留意しつつ、この機会を最大限生かし、日本の文化芸術活動を少しでも前に推し進め、各地の文化芸術活動を支える一助になることを願っております。つきましては、芸団協として本事業に応募するにあたり、開催地域の募集をいたします。ぜひ企画趣旨にご賛同いただき、ご応募ください。
【公募スケジュール】
応募の意志表明:2021年4月9日(金)18:00必着
企画提案書の提出締切 :2021年4月19日(月)10:00必着
選考審査 :2021年4月19日(月)~4月22日(木)
選定結果通知 :2021年4月23日(金)予定
応募の意思表明、企画提案書の提出方法など、詳細は、下記URLより募集案内をご確認ください。https://geidankyo.or.jp/news/2021/04/02/946/

【本件に関する問い合わせ】芸団協 実演芸術振興部(アートキャラバン事業担当)
TEL:03-6279-4341(平日11:00~18:00)Eメール:caravan2021@geidankyo.or.jp

 

アーツカウンシル東京「伝統芸能体験活動助成」ほか新規助成プログラムの説明会開催(要事前申込み)

アーツカウンシル東京「伝統芸能体験活動助成」ほか新規助成プログラムの説明会開催(要事前申込み)

 (公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京は、2021年度から新たに、「伝統芸能体験活動助成」と「スタートアップ助成」の2つの助成プログラムが開始します。
5月の申請開始に先立ち、公募ガイドラインが
公開されました。4月8日(木)、4月19日(月)には、公募説明会がオンライン開催されます(要事前申込、定員あり)。
詳細は、下記ウェブサイト
より公募ガイドラインをご確認ください。https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/news/46196/

〈2021年度「伝統芸能体験活動助成」〉 
日本の伝統芸能について、初めての人でも入りやすく、かつ継続的に実技
体験ができる事業を対象に、上限100万円(補助率1/2)まで助成されます。

【申請者の資格】東京都内に本部事務所や本店所在地が存在する団体(劇場、音楽堂、芸術団体、NPO、実行委員会等)※公共劇場、公共ホール等を運営する財団法人や民間企業等も申請可能
【対象となる事業】(以下ア~ウをすべてを満たすこと)
ア)実際に楽器を演奏したり、舞踊や演技等を実地に行ったりする実技体験を中心とする事業であること
イ)単発的な体験ではなく、一定期間、複数回にわたって体験できる仕組みがあること。当該分野の伝統芸能を体験したことのない人でも参加できること。
ウ)参加者は、広く一般に向けて募ること
【対象となる事業の実施期間】2021年7月1日~2022年6月30日
【申請受付期間】2021年5月10日(月)~6月30日(水) 消印有効

〈2021年度 第1回「スタートアップ助成」〉
東京都内または海外で実施される公演、展示、アートプロジェクト、国際フェスティバルへの参加、国際コラボレーション等を対象とし、若い才能が今後の芸術活動への地歩を築くためのスタートアップを後押しする助成です。

【申請者の資格】東京を拠点に芸術活動を行い、次代を担うことが期待される個人(新進芸術家、プロデューサー、企画制作者等)または新進の団体(芸術団体、実行委員会等)
【助成上限額】個人:30万円、団体:100万円、かつ、助成対象経費の合計額の範囲内
【対象となる事業の実施期間】2021年9月1日~2022年5月31日
【申請受付期間】2021年5月6日(木)~5月31日(月) 消印有効