令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」の第3次募集迄の経緯

令和2年度「文化芸術活動の継続支援事業」新規募集が10月30日公開されています。
11月25日(水)~12月11日(金)17時迄です。
文化庁HPをご確認下さいますようお願いします。
文化庁HP:https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

*今迄の支援事業の経緯(募集次別の申請数*10月2日時点)
第1次募集の申請数=11,239件
第2次募集の申請数=11,011件
第3次募集の申請数=31,958件(うち12,000件が最終日である9/30に申請)
申請数合計=54,208件

引続き、詳細お問い合わせはコールセンター 0120-620-147
【10:30~17:00(土・日・祝日も対応しています】
【文化庁】https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20200706.html
【文化芸術活動の継続支援事業 特設サイト】https://keizokushien.ntj.jac.go.jp/

募集案内
事業概要
募集案内骨子
事前確認認定団体一覧
Q&A
入力事項(募集案内P18)記入イメージ

※オンライン申請受付開始(2020年7月10日開始/9月30日17時締切)となります。
(簡易な手続き・審査)による申請が可能な
「活動継続・技能向上等支援A-①」標準的な取組を行うフリーランス等向け(上限20万円)
「活動継続・技能向上等支援A-②」より積極的な取組を行うフリーランス等向け(上限150万円)
「活動継続・技能向上等支援B」小規模団体向け(上限150万円)は別に事業計画書の提出が必要です。

統括団体(舞台監督協会も参画)からの「事前【確認証番号】」付与手続き
1)協会員様はお申込みにより確認証番号を付与。
2)協会員外の方は当協会会員の推薦の必要要件あり。
*第1期(7月10日~31日)の事前確認証番号の当協会お申込みは60件でした。
*第2期(8月8日~28日)の事前確認証番号の当協会お申込みは15件(累計75名)でした。
*第3期(9月12日~30日)事前確認証番号の当協会お申込みは19件(累計94名)でした。

*申請ついての補足
●「消耗品」の10万円未満の計上(申請)は個々の「消耗品:10万円未満」の合計で申請可。
●PCR検査・抗原検査費用も補助対象。
●交通費等では車移動についての計上可能。
●補助金対象外経費の規定あり、当申請での補助金では成果物の販売は出来ません。
*清算手続きの改善
●A-①について領収書の提出ではなく明細書(エクセル等)での提出可。

ジャンル別 申請数と採択数(10月16日更新)
音楽 → 採択9,396件(申請数23,075件)
演劇 → 申請10,206件 採択5,544件 54.3%
舞踏 → 申請3,363件 採択1,513件 45%
映画・アニメーション → 申請2,377件 採択644件 27.1%
コンピュータ他の電子機器等芸術 → 申請1,990件 採択191件 9.6%
伝統芸能 → 申請1,111件 採択647件 58.2%
大衆芸能 → 申請2,295件 採択1,140件 49.7%
美術 → 申請5,890件 採択1,866件 31.7%
写真 → 申請1,262件 採択276件 21.9%
生活文化 → 申請360件 採択56件 15.6%
国民娯楽 → 申請683件 44件 6.4%
舞台スタッフ → 申請1,604件 採択805件 50.2%
—————————————–
合計  →  採択22,122件(10/16現在)

10/30現在
A-1  申請37,484件(採択19,900件=53% うち確認番号有り13,603件)(+1件)
→ 通知待ち17,584件=46.9%
A-2  申請12,163件(採択6,198件=51% うち確認番号有り3�718件)(+24件)
→ 通知待ち5,965件=49%
B   申請4,129件(採択1,632件=39.5%)(+4件)
→ 通知待ち2,497件=60.5%
共同  申請460件(採択155件=33.7%)(△1件)
→ 通知待ち305件=66.3%
—————————————–
合計  申請54,236件(採択27,885件=51.4% うち確認番号有り17,321件)
→ 通知待ち26,351件=48.6%

 

文化庁「文化芸術収益力強化事業」(委託事業)募集のご案内

文化庁より「文化芸術収益力強化事業」の募集が今週(10/5)より順次文化庁HPで紹介されています。
採択事業一覧
https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/92491501.html
詳しくは、同HPにてご確認下さい。
※事業の詳細については文化芸術収益力強化事業(委託事業)の募集をご参照ください。

1)株式会社キョードーファクトリー「次の担い手を育成する子供向けコンテンツ制作事業」
2)凸版印刷情報コミュニケーション事業本部ソーシャルイノベーション事業部
「デジタル技術を活用した映像配信による新たな収益確保・強化事業(募集期間10月5日~23日)
3) 寺田倉庫「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」
令和2年10月15日(木)~令和2年10月26日(月)9時必着
※エントリー(応募の意思表明)の提出締切は令和2年10月22日(木)17時
4)公益社団法人全国公立文化施設協会「劇場・音楽堂等コンテンツ配信ポータルサイト 「公文協シアターアーカイブス」 パイロット公演動画配信事業 」令和10月23日~11月9日(月)18時迄
*エントリー締切10月30日(金)18時迄

2020年10月20日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」採択事例のご案内

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の「舞台監督会員様」からの採択事例のご案内
*第2期(第4次募集)が、11月から始まる予定です(約3週間)。
応募予定の方々には、文化庁HPをご注視の上、ご準備とご検討を宜しくお願いいたします。
*第1次~第3次募集への申請件数50件(事前確認証番号94件)→採択数30件(10/16)です。
*引き続き現在も採択への審査中(芸文振)とのことです。

A-①で採択:協会員N氏(東京在住)
事業内容:
1)主に受けている劇団の仕込みバラシを、これから先の世代交代や人材育成(高校生や大学生)に、仕込み順序ややることを映像マニュアル化して知識を共有する。
2)外注で作成していた作り物を自社内で作成するための機材の購入と修練も事業に加えた。
申請項目:撮影用の機材、自社制作物用の溶接機、倉庫・稽古場周辺の洗浄(高圧洗浄機、感染症予防対策として、非接触体温計・非接触消毒液のディスペンサー・マスク・フェイスガード)等。

A-①で採択:協会員K氏(大阪在住)
事業内容:「コロナ後に向けた技術向上」
自粛終了後、7月を皮切り始まったにオンライン公演の準備及び、業務において使用するICT関連の備品の準備と整備、及び、業務における知識と技術の向上の為の専門技術の免許習得。新型コロナウイルス対策に則した感染防止の為の備品の購入。(2020年3月1日~9月18日)
申請項目:業務で必要な工具の購入と整備。公演予定の作品の原作書籍及び、原作映像DVD、戯曲などの購入。技術向上を目的としたリサーチとして演劇公演の観劇。丸ノコ等取扱従事者、職長・安全衛生責任者の免許習得。インターネットを利用した、事業展開を検討した上でのICT機器の準備と整備。PCの購入とPC周辺機器の購入。

 

 

 

 

2020年10月17日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai