JATETフォーラム2020/21(オンラインセミナー)開催のご紹介:2021年6月1日~6月30日

JATET(公益社団法人劇場演出空間技術協会協会)設立30周年記念事業「JATETフォーラム2020/21」開催のご案内を賜りましたので、ご紹介いたします。
『演出空間における舞台技術の現状と展望』をテーマとし、基調講演と技術系5部会(建築・機構・照明・音響・映像)のオンラインセミナー(有料)です。
ご高配賜れれば幸いです。

■内容:
*基調講演:JATETの30周年と創造型劇場の30年(創造型劇場の誕生と深化)
●建築部会:新型コロナ禍で劇場の将来は変わるのか、最先端飛沫シミュレーションを用い予測する
●機構部会:保守時コロナ対策と吊物駆動装置の変遷
●照明部会:最新照明卓の機能と将来への展望
●音響部会:舞台連絡設備アンケート結果と考察
●映像部会:劇場・舞台映像の今後
■視聴可能期間:2021年6月1日(火)10:00 ~6月30日(水)23:59
※6/3(木)・6/24(木)AM2時~8時は、システムメンテナンスのため視聴をご利用いただけません。ご了承ください。

*視聴券販売期間:2021年5月25日(火)10:00 ~6月30日(水)18:00※5月30日(土)00:00からはクレジットカード決済のみでの販売となります。
*料金:1コンテンツ視聴券:1,000円【1コンテンツを視聴可能期間中ご覧いただけます。
*全コンテンツ視聴券:5,000円【全11コンテンツを視聴可能期間中ご覧いただけます。
*詳細は、下記特設ページをご覧ください。
URL:https://jf202021.jatet.or.jp

2021年5月31日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

中小企業庁より「一時支援金」書類提出期間の延長について

中小企業庁より「一時支援金」書類提出期間の延長について

2021年3月8日より申請が始まった、「一時支援金」の申請期限が今月末5月31日となっておりますが、緊急事態宣言の延長など情勢を鑑みて、申請期限に間に合わない特段の事情がある事業者には、書類提出期間を2週間ほど延長する事が決まりました。この「一時支援金」は、「緊急事態宣言が発令されていない地域で事業を行っている場合でも、給付要件を満たせば、業種や地域を問わず対象となり得る」制度です。

■「一時支援金」の概要について
当庁では、2021年1月に発令された緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や不要不急の外出・移動の自粛により、売上が50%以上減少した中小法人・個人事業者等に、「一時支援金」を給付することとしています。https://ichijishienkin.go.jp/assets/files/leaflet.pdf

・ 給付対象…以下1と2を満たす事業者
1. 緊急事態宣言に伴う飲食店時短営業又は外出自粛等の影響を受けていること
2. 2019年比又は2020年比で、2021年の1月、2月又は3月の売上が50%以上減少
※給付要件を満たす事業者であれば、業種や所在地を問わず給付対象となり得る。

・ 給付額…中小法人等:上限60万円、個人事業者等:上限30万円

・ 申請期間…2021年5月31日(月)まで

現時点で、申請件数は約30万件、給付件数は約20万件となり、2021年1月に発令された緊急事態宣言でお困りの事業者の皆様の支援に繋がっているところです。

■書類の提出期限延長について
必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方については、2021年5月31日(月)までに、申請IDを発番してアカウントを発行、かつ書類提出期限延長申込を行った場合は、書類の提出期限を2週間程度延長致します。ただし、申請する前に必要な「登録確認機関での事前確認」が受けられるのは、提出期限の数日前までです。

・書類の提出期限延長リーフレット https://www.meti.go.jp/covid-19/ichiji_shien/pdf/leaflet.pdf

■アカウントの発行や書類の提出期限延長の申込は以下のホームページから行うことができます。(書類の提出期限延長の申込については、2021年5月25日から可能となります。)

・「一時支援金」HP   https://ichijishienkin.go.jp/

緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体へのお知らせ *更新情報

緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体(日本舞台監督協会)の皆さま

本日5月28日、政府より9都道府県(北海道、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、岡山県、広島県、福岡県)に発令されていた緊急事態宣言の再延長が発表されました。
また、「まん延防止等重点措置」5県(埼玉県、千葉県、神奈川県、岐阜県、三重県)への期限も延長されています。延長期間は、6月20日までになります。
大阪府以外の都道府県では、これまでの制限内容から大きな変更は行われていないようです。

これに伴い、先程「催物の開催制限」事務連絡が公開されています。
「基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_20210528.pdf

東京都は、国の方針に準ずる内容が公開されています。https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1009761.html

大阪府は、平日と土日で制限の内容が異なります。https://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/kinkyuzitai-20210425/kinkyuzitai-20210601.html
以下のように制限が緩和されています。
・平日は、人数を制限(収容率50%以内、且つ5,000人以下)したうえで、21時までの営業時短を要請。
・土日は、現状のまま無観客開催の要請。
・販売済みチケット(平日公演分)のキャンセルは不要
※周知措置期間は5/29~31の3日間(6/1以降は上記を満たす範囲でのみ販売可能)

いづれも、協力の要請であって罰則などはありませんが、補助金を受ける公演の場合は留意が必要です。平日公演の販売済みチケットについては、上記制限から免除されることを大阪府に確認しております。公演の際には各主催者さまの判断によるところもございますが、どのような対応をされる場合でも感染防止は徹底していただきますよう、重ねてお願い致します。

【北海道】※5/28更新
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/ssa/event_corona_0914.htm

【東京都】※5/28更新
https://www.bousai.metro.tokyo.lg.jp/1009757/1009761.html

【愛知県】※5/29更新
https://www.pref.aichi.jp/uploaded/life/346616_1417435_misc.pdf

【京都府】※5/28更新
https://www.pref.kyoto.jp/kikikanri/news/documents/030528_kongonotaiou.pdf

【大阪府】※5/28更新
https://www.pref.osaka.lg.jp/kikaku/kinkyuzitai-20210425/kinkyuzitai-20210601.html

【兵庫県】※5/28更新
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kk42/kinkyujitai_soti.html

【岡山県】※5/28更新
https://www.pref.okayama.jp/page/720108.html

【広島県】※5/28更新
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/2019-ncov/covid19-level-change.html#event-2

【福岡県】※5/28更新
https://www.pref.fukuoka.lg.jp/uploaded/attachment/138480.pdf

【沖縄県】※継続
https://www.pref.okinawa.lg.jp/site/chijiko/koho/corona/210521.html

改めて公演主催者におかれましては、業種別ガイドラインによる対策を順守の上、より強い対策を心がけていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

各自治体により、要請期間や対応が異なります。内容やリンク先が更新される可能性があります。随時最新の情報をご確認ください。
改めて公演主催者におかれましては、業種別ガイドラインによる対策を順守の上、より強い対策を心がけていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

「文化芸術活動の継続支援事業」アンケートへの協力御礼(芸団協様より)

「文化芸術活動の継続支援事業」アンケートへの協力御礼(芸団協/文化芸術推進フォーラム:当協会は正会員)
文化芸術推進フォーラムは、独立行政法人日本芸術文化振興会とともに、「文化芸術活動の継続支援事業」に申請された方々を対象に、アンケート調査を実施しました。ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
速報値で、芸術家個人18,370件、団体1,484件の回答がありました。分析を行い、6月初旬ごろには何らかの発表ができればと考えております。
【調査実施主体】独立行政法人日本芸術文化振興会/文化芸術推進フォーラム
【調査実施機関】株式会社インテージリサーチ

2021年5月18日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」報告書の公開のお知らせ

「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」報告書が公開〈緊急事態舞台芸術ネットワーク後援/当協会は賛助会員〉
文化庁 令和2年度戦略的芸術文化創造推進事業 「文化芸術収益力強化事業」として実施された「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業(EPAD)」報告書が公開されました。下記URLより、PDF版が閲覧・ダウンロード可能です。
https://epad.terrada.co.jp/index.php/2021/04/21912/
【EPAD実行委員会】寺田倉庫株式会社+緊急事態舞台芸術ネットワーク

2021年5月18日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

文化庁長官 都倉俊一氏よりのメッセージ

文化庁長官 都倉俊一氏よりのメッセージ が、文化庁HPにてご紹介されていますので、ぜひご参照ください。

文化芸術に関わる全ての皆様へ | 文化庁 (bunka.go.jp)

2021年5月18日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

舞台技術講座(世田谷パブリックシアター)44thのご案内:2021年6月10日・11日・12~13日


世田谷パブリックシアターより舞台技術講座44thのご案内を以下ご紹介します。
1)日程
*舞台音響入門講座 6月10日(木)13:00~18:00(定員32名/終日参加できる方)
*舞台照明入門講座 6月11日(金)13:00~18:00(定員30名/終日参加できる方)
*舞台技術安全講座 6月12日(土)13:00~17:00(定員32名/2日間参加できる方)
            ~13日(日)10:00~17:00

2)会場:世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区)/劇場ガイドラインに基づく新型コロナウイルス感染防止対策の上で講座開催
3) 参加費:一般各3,000円/学生各1500円
4)申込み開始:2021年5月25日(火)12:00~5月31日(月)18:00*先着順
5)申込先:http://setagaya-pt.jpワークショップ・レクチャー
『Technical Theatre Training Program 舞台技術講座44th~舞台音響入門講座~』 | 世田谷パブリックシアター (setagaya-pt.jp)

文化庁「ARTS for the future!」募集要項

「ARTS for the future!」募集要項ー本補助金について ー
文化庁 令和2年度第3次補正予算事業 ARTS for the future! (bunka.go.jp)

令和2年度第3次補正予算によって実施される、文化庁「ARTS for the future!」の募集要項が発表されました。
・「ARTS for the future!」特設サイト  https://aff.bunka.go.jp/
・文化庁サイト内「ARTS for the future!」ページ https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20210326_01.html

2021年1月8日~2021年12月31日の期間に行われる公演等、展覧会等、映画製作が対象。
第1次募集は2021年4月26日(月)~5月24日(月)。申請は、特設サイトからのオンライン申請となります。

◆「ARTS for the future!」事業を中心としたオンライン説明会の動画公開
文化庁・経済産業省による「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の支援事業について『ARTS for the future!事業』を中心とした説明会」の動画公開
当日説明資料(PDF)も公開されています。
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=wJt5oloEKuQ
【資料】https://www.bunka.go.jp/shinsei_boshu/kobo/20210326_01.html

*4/28オンライン説明会【登壇者】
文化庁長官 都倉俊一 氏
(予定)経済産業省審議官(商務情報政策局担当) 三浦章豪 氏
文化庁参事官(芸術文化担当) 梶山正司 氏
経済産業省商務情報政策局コンテンツ産業課長 高木美香 氏
【主催】文化庁、経済産業省
【説明会協力】芸団協、文化芸術推進フォーラム

2021年5月14日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

緊急事態舞台芸術ネットワークからの声明について

緊急事態舞台芸術ネットワーク賛同団体(含む一般社団法人日本舞台監督協会)の皆さま

■5月6日時点で、一都二府一県に発出されていた緊急事態宣言が、5月11日までの期限を延長する方向で調整が行われたことを受けて「緊急事態舞台芸術ネットワークとしての声明」が
ウェブサイトにて公開されました。
□緊急事態宣言 期間延長に際して
http://jpasn.net/cn1/20210506.html

□音楽4団体(一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人日本音楽制作者連盟、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、一般社団法人日本音楽出版社協会)は5月5日、連名にて声明を発表しております。https://www.jame.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2021/05/covid-19_seimei20210505.pdf

■5月28日に政府より緊急事態宣言、まん延防止等重点措置の再延長が発表され、延長期間は6月20日までになります。
これに伴いコロナ対策室から事務連絡が公開されています。「基本的対処方針に基づく催物の開催制限、施設の使用制限等に係る留意事項等について」
https://corona.go.jp/news/pdf/ikoukikan_taiou_20210528.pdf

改めて公演主催者におかれましては、業種別ガイドラインによる対策を順守の上、より強い対策を心がけていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。
賛同団体のみなさまへも共有いただければと思います。