各委員会からのご案内

各委員会からのご報告を掲載します。(会員限定)

日本舞台監督・委員会
育成研究会 *編集中
事故事例収集調査委員会 ■「事故事例収集調査委員会」は舞台創造における「安全意識の向上」を趣旨とする。
■「事故事例収集調査委員会」に於ける協会員の役割は自身の身近に起こった事故を「事故報告書」として提出して頂き舞台監督協会員及び専門的知識を有する方々と事例を検証し以降の対策を検討する。検討された対策は協会HPや会報などにより広く配布し、より安全な舞台芸術創造の一助とする。
■「事故報告書」は舞台監督協会会員のみならず劇場・劇団・稽古場・各スタッフ会社等へ協力を求め舞台芸術関係者全体の窓口とする。
■集められた「事故報告書」はデータ化し視覚的にも判りやすくする。
※一つの重大な事故の中には29の軽微な事故と300の「ヒヤリハット」が存在していると言われています。「事故報告書」は事後であるため防ぎきれなかった事案です。「安全意識の向上」を趣旨とするならばその前段階であるたくさんの「ヒヤリハット」の対策が唯一事故そのものを防ぐことができるのではないでしょうか。【事故例調査アンケート】*募集中…添付メール又はFAXにて事務局へお送りください。
事故事例収集調査委員会    岩戸堅一委員:(株)アートシーン代表

フォーラム委員会 舞台技術セミナーVol.10「舞台の演出効果を高める各種効果とその安全対策」
2020年5月17日(日)*予定(4月29日(祝)から延期)
東京芸術劇場主催・日本舞台監督協会協力事業

ニュース