芸団協「芸術家の社会保障に関する研究」ニュースのご紹介

──────────────────────────────
★芸団協メールニュース★  512[2024.05.15]
──────────────────────────────
【お知らせ】
・芸団協「芸術家の社会保障に関する研究」がNHKで報道されました
【耳ヨリ】
・EPAD 2024年度セレクション作品募集(応募締切:5/27)
・文化庁「文化芸術活動における適正な契約関係構築等の現状把握に関
するアンケート」(回答締切:6/5)
・「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック」公開


─── 【お知らせ】  ─────────────────────
●芸団協「芸術家の社会保障に関する研究」がNHKで報道されました

芸団協では、コロナ禍をきっかけに、あらためて芸術家等の働き方の特徴をふまえた社会保障のあり方を検討すべく、2022年度に「芸術家の
社会保障等に関する研究会」を立ち上げ、調査・研究を続けています。この研究について、NHK総合「午後LIVEニュースーン」にて、5月
10日(金)17時台(17:12頃に放送)でニュースに取り上げられました。
NHKプラスでは、5月17日(金)18時まで視聴可能です。https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2024051027343
また、ニュース記事(テキスト)は、下記URLでもご覧いただけます。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240510/k10014445611000.html

芸団協の社会保障研究については、芸団協ウェブサイトをご覧ください。
https://geidankyo.or.jp/business/safety.html

─── 【耳ヨリ】  ─────────────────────
●EPAD 2024年度セレクション作品募集(応募締切:5/27)

EPAD(舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター)では、令和5年度補正予算 文化芸術振興費補助金 
人材育成・収益化に向けた舞台芸術デジタルアーカイブ化推進支事業の採択を受けて、舞台芸術の映像
を募集しています。要件を満たした作品を対象に、有識者の審査のもと収集作品を決定しEPADおよび
指定の団体にてアーカイブ所蔵します。さらに広く、公開を目指す作品については、EPADにて必要な
権利処理のサポートを行うほか、収録の補助も実施されます。詳細は、下記URLをご確認ください。
https://epad.jp/news/2024042301/

【エントリー受付締切】2024年5月27日(月)17:00
【エントリー団体の条件】
・映像の権利を有する団体または個人であること
・本事業及び要件を充分に理解し、納品や必要な情報の提供、広報活動
に積極的に協力できること
・採択後、7月9日(火)18:00~の説明会(オンライン)に出席できること
【問合せ】EPAD事務局 info@epad.terrada.co.jp 
 件名を「EPAD2024年度セレクション作品募集 問い合わせ」としてください

──────────────────────────────
●文化庁「文化芸術活動における適正な契約関係構築等の現状把握に関
するアンケート」(回答締切:6/5)

 文化庁が2022年7月に「文化芸術分野の適正な契約関係構築に向け
たガイドライン(検討のまとめ)」を公表してから2年を迎えます。
また、本年11月1日には「特定受託事業者に係る取引の適正化等に関
する法律」(通称:フリーランス新法)が施行される予定です。
こうした状況を鑑み、文化庁では、文化芸術分野で活動する方々の事業
環境が改善されているのか、実態を把握し今後の施策等に活用するため、
アンケートを実施しています。
対象となる方はぜひご協力ください。

【対象】
文学、音楽、演劇、舞踊、美術、写真、デザイン、映画、マンガ、アニ
メーション、伝統芸能、大衆芸能、生活文化・国民娯楽などの文化芸術
分野において、個人で活動している芸術家等
(アルバイト、パートを含む雇用契約の下で働く方は除く)
【回答期限】
2024年6月5日(水)12:00締切
【回答方法】
下記URLのアンケートフォームよりご回答ください。
https://forms.office.com/r/k2188ifZkA
※ガイドラインに関連して、芸団協も2022年度に「芸術家等実務研修
会」事業を文化庁より受託し、おもに芸術団体・実演家に向けて、権利
や出演契約に関する動画・テキスト教材を作成、公開しています。
https://geidankyo.or.jp/business/training.html

──────────────────────────────
●「舞台芸術におけるハラスメント防止ガイドブック」公開

 緊急事態舞台芸術ネットワークが、「舞台芸術におけるハラスメント
防止ガイドブック(ver1.0)」を公開しました。
興行を企画立案し、座組を組織する立場の主催者(プロデューサー、
制作者、劇場職員、企画制作会社職員、劇団員など)が、創作現場での
ハラスメントを防止し、より良い創造環境を作る際に活用されることを
目指しています。
https://jpasn.net/cn1/202405131.html


新型コロナで収入減少 芸術家などの社会保障考えるセミナー(芸団協主催)

新型コロナで収入減少 芸術家などの社会保障考えるセミナー

セミナーは芸術の分野で活動する俳優などの実演家やスタッフが加入した70の団体でつくる、日本芸能実演家団体協議会が開きおよそ40人が参加しました。

コロナ禍では各地で舞台公演や演奏会が中止となりましたが、協議会がおよそ2万人の芸術家などに去年7月、アンケート調査を行ったところ、6割以上の人がコロナ禍のおととしの年収は300万円未満だったと答えたほか、4割以上の人は、依然としてコロナ禍前に比べ、収入が半分未満に減ったままだと答えたということです。

2024年5月12日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

第2回 伊藤熹朔記念賞(一般社団法人 日本舞台美術家協会)受賞者決定!

第2回 伊藤熹朔記念賞 受賞者決定! (jatdt.or.jp)

一般社団法人 日本舞台美術家協会様よりご案内を頂戴しております。
日本舞台監督協会では、同記念賞への後援をしております。
よろしくお願いいたします。
*授賞式は下記のように行われるようです。
期日:2024年5月29日(水)午後17:30
会場:六本木 俳優座劇場

2024年5月8日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

アーツカウンシル東京「スタートアップ助成」令和6年度第1回募集 (申請締切:5/23)

アーツカウンシル東京「スタートアップ助成」令和6年度第1回募集
(申請締切:5/23)
東京で新たな芸術創造活動をスタートする芸術家や団体を支援する「スタートアップ助成」。今年度は全3回の公募が予定されており、5月2日より第1回募集が始まります。5月13日には、公募説明会(オンライン開催、事前申込制)も実施。
詳細は、下記URLをご確認ください。
【申請受付期間】第1回:2024年5月2日(木)10:00〜5月23日(木)18:00
(2024年9月1日以降開始し2025年8月31日までに終了する事業)
【対象者】東京を拠点に芸術活動を行い、東京の芸術シーンの次代を担うことが期待される個人、または新進の団体(芸術団体、実行委員会等)
【対象となる事業】分野:音楽、演劇、舞踊、美術・映像、伝統芸能、多分野複合
(1)都内での芸術創造活動(都内で実施する公演など)
(2)国際的な芸術創造活動(海外公演・展示、招へい公演など)
【助成上限額】個人:30万円/団体:100万円 かつ助成対象経費合計額の範囲内
【問合せ】(公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 活動支援部助成課
TEL:03-6256-8431(平日10:00〜18:00)
──────────────────────────────
2024年5月4日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

令和6年度ハラスメント防止対策支援事業について (芸団協様から)

令和6年度ハラスメント防止対策支援事業について | 文化庁 (bunka.go.jp)

文化庁 令和6年度「ハラスメント防止対策支援事業」3/18申請開始
作品・公演単位で行われる、講習会や専門家配置等のハラスメント防止対策の取組に対して、
上限20万円が補助されます(予算の範囲内で申請順に交付決定)。
前年度募集からのおもな変更点は、取組への参加者が実人数10人以上に引き下げられたこと、
取組の会場費が対象経費として計上可能となったことなど。
詳細は、文化庁ウェブサイトから募集案内をご確認ください。https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/kibankyoka/no-harassment/index.html

 

【申請期間】
2024年3月18日(月)14:00~2024年10月15日(火)
※申請が予算上限に達した場合は受付終了
【補助対象事業】
2024年4月1日~10月31日の間に開始され、2025年3月14日までに完結する取組

2024年3月19日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

豊かな文化芸術を生み出すために芸術家が安心して仕事に取り組める環境を<中間提言案概要_正会員団体懇談会>

豊かな文化芸術を生み出すために、芸術家が安心して仕事に取り組める環境を
(正会員団体懇談会にて)

豊かな文化芸術を生み出すために、芸術家が安心して仕事に取り組める環境を
~働き方に関わらず、万が一に備える「しくみ」をつくる提言(中間案)~
公益社団法人日本芸能実演家団体協議会 様から

2024都民芸術フェステイバル参加公演 現代舞踊公演 CIRCLE 2024年2月28日(水)/29日(木)東京芸術劇場プレイハウス

2024都民芸術フェステイバル参加公演 現代舞踊公演 CIRCLE 
2024年2月28日(水)/29日(木)東京芸術劇場プレイハウス
舞台監督:田中英世(株)オン・ステージ・コード―(日本舞台監督協会理事)
大道具:(有)ユニ・ワークショップ(日本舞台監督協会 賛助会員)
構成・演出・振付 2.28wed. program A /2.29thu.program A  野坂公夫・坂本信子(文化庁芸術家派遣在外研修員)
構成・演出・振付 2.28wed. program A 清水フミヒト(文化庁芸術家派遣在外研修員)
構成・演出・振付 2.29thu.program B 内田香(文化庁芸術家派遣在外研修員)

株式会社エクサ―ト松崎 井上正美様のご訃報の御報せ

一般社団法人 日本舞台監督協会会員各位

日頃は大変お世話になっております。株式会社エクサ―トご在籍の井上正美様のご訃報のお葉書を承りました。
令和6年2月7日76歳でご逝去されたとのことで、ご葬儀は故人の希望によられ近親者の方々で
執り行われたようです。
当協会が法人会員でもある「OISTAT日本センター」の監査役でも大変お世話になりました。
また同時に日本舞台監督協会に於いても大変お世話になっておりました。
心より感謝の気持ちとともに、ご冥福をお祈り申し上げております。
理事長 小川幹雄(代事務局)

2024年2月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

「CPRA news Review」VOL.5 のご案内 芸団協様より

「CPRA news Review」VOL.5 のご案内です。
https://www.cpra.jp/cpra_news/ 
■芸団協CPRA30周年を迎えて
・ご挨拶
・お祝いメッセージ レミ・デロジェ(実演家権利管理団体協議会
SCAPR事務局長)
■数字で振り返るCPRA30周年
■CPRA30周年記念事業連続オンラインセミナー『メタバース、VRと実演』連動企画
 リアルメタバースと創作のこれから ―渡邊信彦氏(株式会社STYLY COO)に聞く
■生成AIと著作権法を巡る議論
■インフォメーション
・芸団協CPRA30周年記念事業
・「実演家の権利管理に関するアジア団体フォーラム」を実施
・芸団協CPRA運営体制について
──────────────────────────────
■「AIに関する音楽団体協議会」の設置について
音楽に関わるクリエイターやアーティストとともに活動している9団体は、「AIに関する音楽団体協議会」を設置いたしました。
芸団協CPRAも参加しています。本協議会は、「for Creators, for Artists」の理念のもと、調和のとれた
生成AIの利活用の枠組みの実現に向けて検討や提言を行ってまいります。
https://www.cpra.jp/info/2024/ai.html 
2024年2月3日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai