一般社団法人 日本舞台監督協会のご案内

一般社団法人 日本舞台監督協会 (JAPAN ASSOCIATION of STAGE MANAGER, PRODUCTION MANAGER, and TECHNICAL DIRECTOR ) とは
当法人は、舞台芸術の各分野で舞台監督の仕事に従事する人達の自主的な集まりとして、相互の親睦と協力をはかると共に、日本における舞台監督の社会的、経済的、芸術的地位の確立と、会員の技術向上ならびに福利厚生の充実をはかり、併せて関連諸団体との連携を深め、日本の舞台芸術の発展と国際交流に寄与することを目的とする。

沿革:
1972年に舞踊やバレエの舞台監督を中心に「日本舞台監督者協会」(初代会長 田中好道)が、1974年には主に演劇の舞台監督を中心に「舞台監督協会」(初代会長 水品春樹)が、相次いで礎となる協会を結成しました。
その後、舞台監督を取り巻く状況は時代の進展と共に解決すべき切実な課題が増大してまいり、1999年5月にお互い抱えている課題を話し合い、労災問題、契約書、著作権、資格認定問題等、当面する重大な課題について、一つの組織にまとまり、より大きな力となって取り組んでいこうということで認識の一致を見ました。2000年4月「日本舞台監督協会」を設立。
2017年8月「一般社団法人 日本舞台監督協会」設立登記。会員数206名(2019年12月末現在)

目的:
1)内外の舞台芸術活動についての調査研究、及び情報の交換。
2)
舞台監督の仕事に対する理解を深め、広めるためにフォーラム、研修等の企画、実施。
3)
会報の発行。
4)
その他、当法人の目的を達成するために必要な事業。

*在外研修員の派遣
文化庁の新進芸術家海外研修員を希望する「舞台監督」を、当協会での一定の手続きの上で推薦しています。
なお、この海外研修員制度は、文化庁による書類選考、面接を経て決められます。
協会は文化庁の「舞台美術等」分野の「舞台監督」の専門内容
に属し、360日間、80日間他の研修があります。
新着情報!
2021年6月21日付けで令和4年度新進芸術家海外研修制度【長期研修【短期研修】の募集が開始されましたので、
ご確認下さい。*締切2021年8月10日(火)消印有効 *ご質問等ありましたら、当協会お問合せ迄。

発行物

  • 協会手帳(年一回発行)
  • 会員住所録(年一回発行)
  • 協会ニュース(適宜発行)
  • 会員データ更新(随時)
  • 「日本舞台監督協会」会報(年ニ回発行)


会費 入会金 ¥5,000/年会費 個人会員¥10,000/賛助会員(法人)¥20,000(1口)

お知らせ

ARTS for the future!事業の募集要項&採択状況(2021年8月2日)

文化庁ARTS for the future!事業の募集要項 https://aff.bunka.go.jp/about/

補助事業の実施期間は、交付決定から2021年12月31日まで。ただし、2021年の緊急事態宣言下における活動を支援するために、緊急事態宣言の発令日(2021年1月8日)まで遡りを認めます。
*1次募集募集期間:2021年4月26日(月)~2021年5月31日(月)⇒交付決定5月中旬~8月5日時点で審査結果報告中
※2次募集は、改めてご案内とのことです。

5月24日(月)締め切りの1次募集は5月31日(月)に延長。主な改定、新たな情報は以下です。
・ARTS for the future! 事業(キャンセル料支援)の補助対象経費に固定費が追加
・ARTS for the future! 事業(キャンセル料支援)の支援上限を1団体当たりではなく1公演当たり2,500万円に
・問い合わせメールアドレスの追記:question@aff.bunka.go.jp

・補助対象経費に「チケット販売関係費」追加
・今後、国の緊急事態宣言の発出等を受けてキャンセルとなった場合の対応を記載
詳細は、「募集要項」新旧対比表をご覧ください。
https://aff.bunka.go.jp/uploads/AFF_shinkyu_20210521.pdf

1次募集の審査状況についてお知らせいたします。(2021年8月5日時点)
申請件数      5,368件
交付決定件数   2,370件(2021年8月5日時点)44.1%
不交付決定件数  2,252件(2021年8月5日時点)41.9%
確認中       746件(2021年8月5日時点)13.9%

演劇緊急支援プロジェクトのサイトに、AFFアンケート210810がアップされています。https://www.engekikinkyushien.info/2021/08/04/petition2/
不採択事例のアンケート受付も継続されています。
*文化庁「ARTS for the future! (AFF)」不採択事例に関するアンケートへのご協力お願い。
https://forms.gle/CjqHkLF7GD3ihWAW8…
*AFFに申請、不採択となった方が対象(分野は問いません。)
*二次募集へ向け、採択のスピード化、不採択数の減少目指し多くの事例を収集中。

 

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」のマイページのログイン期限:2021年7月30日17時

文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」の補助金額の確定を受けた方々へ。
文化庁「文化芸術活動の継続支援事業」のマイページのログイン期限が2021年7月30日17時迄となっています。
(補助事業関係書類は事業終了後5年間の保存が必要とのこと)https://keizokushien.ntj.jac.go.jp をぜひご確認ください。

文化芸術推進フォーラム(芸団協加盟団体)より緊急要望書提出(2021年7月21日)

音楽、演劇、映画、美術などの23団体で構成される文化芸術推進フォーラムでは、新型コロナウイルス感染症による文化芸術界への影響を実態把握するため調査を行い、文化芸術振興議員連盟の勉強会(3月18日、4月27日)と総会(6月9日)において、調査結果の報告と要望を発表しました。
文化芸術振興議員連盟は、この調査報告と要望を受けて、今後の活動方針に「2021年、コロナを乗り越えていくため、文化芸術絵の支援を継続的に進める」を掲げました。そして、2021年7月21日に、文化芸術振興議員連盟と文化芸術推進フォーラムは連名で、政府に緊急要望を直接届けました。
要望1:文化芸術の灯を守るため、芸術家、芸術団体への新たな支援制度の創設
要望2:公演等事業の中止、観客入場制限等の見直し
要望3:芸術家等が安心して仕事に取組める、業界全体が支える公的な共済制度の創設
要望4:組織の業態、規模、法人格に応じた団体への経常費を含む支援策と法整備

文化庁の新進芸術家海外研修員の応募:締め切り2021年8月10日(火)

文化庁新進芸術家海外研修員を希望する「舞台監督」を、当協会での一定の手続きの上で推薦しています。尚この海外研修員制度は、文化庁による書類選考、面接を経て決められます。協会は文化庁の「舞台美術等」分野の「舞台監督」の専門内容に属し、360日間、80日間他の研修があります。令和4年度新進芸術家海外研修制度【長期研修【短期研修】の募集が開始されていますのでご確認下さい。
*締切2021年8月10日(火)消印有効 *ご質問等ありましたら、当協会お問合せ迄。

*推薦団体宛てに提出があった場合は、*締切翌日(11日(水))中に提出があった旨、事務局及び文化庁に対して(申請件数含め)の一報が必要となりますのでご留意ください。*翌週16日(月)必着で事務局あて郵送でご提出要。

※担当事務局の連絡先・担当者
株式会社日本旅行 グローバルソリューション営業本部公務法人営業部
「新進芸術家海外研修制度事業」事務局 担当: 桐田・高山
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-18-19 UD神谷町ビル11階
TEL:03-5402-6474 FAX:03-3437-3955
Email:geijutsu_haken@nta.co.jp

2021年7月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

「ARTS for the future! (AFF)」に関するアンケートへのご協力のお願い

「ARTS for the future! (AFF)」不採択事例に関すアンケートへご協力をお願いします。AFFに申請、不採択となった方が対象 ・分野は問いません。 二次募集へ向け、採択のスピード化、不採択数の減少目指し多くの事例を集めたく宜しくお願いいたします。