株式会社エクサ―ト松崎 井上正美様のご訃報の御報せ

一般社団法人 日本舞台監督協会会員各位

日頃は大変お世話になっております。株式会社エクサ―トご在籍の井上正美様のご訃報のお葉書を承りました。
令和6年2月7日76歳でご逝去されたとのことで、ご葬儀は故人の希望によられ近親者の方々で
執り行われたようです。
当協会が法人会員でもある「OISTAT日本センター」の監査役でも大変お世話になりました。
また同時に日本舞台監督協会に於いても大変お世話になっておりました。
心より感謝の気持ちとともに、ご冥福をお祈り申し上げております。
理事長 小川幹雄(代事務局)

2024年2月23日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

「CPRA news Review」VOL.5 のご案内 芸団協様より

「CPRA news Review」VOL.5 のご案内です。
https://www.cpra.jp/cpra_news/ 
■芸団協CPRA30周年を迎えて
・ご挨拶
・お祝いメッセージ レミ・デロジェ(実演家権利管理団体協議会
SCAPR事務局長)
■数字で振り返るCPRA30周年
■CPRA30周年記念事業連続オンラインセミナー『メタバース、VRと実演』連動企画
 リアルメタバースと創作のこれから ―渡邊信彦氏(株式会社STYLY COO)に聞く
■生成AIと著作権法を巡る議論
■インフォメーション
・芸団協CPRA30周年記念事業
・「実演家の権利管理に関するアジア団体フォーラム」を実施
・芸団協CPRA運営体制について
──────────────────────────────
■「AIに関する音楽団体協議会」の設置について
音楽に関わるクリエイターやアーティストとともに活動している9団体は、「AIに関する音楽団体協議会」を設置いたしました。
芸団協CPRAも参加しています。本協議会は、「for Creators, for Artists」の理念のもと、調和のとれた
生成AIの利活用の枠組みの実現に向けて検討や提言を行ってまいります。
https://www.cpra.jp/info/2024/ai.html 
2024年2月3日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

《関係づくりを学ぶ!「現場で使える契約講座」~舞台芸術関係者対象~》

《関係づくりを学ぶ!「現場で使える契約講座」~舞台芸術関係者対象~》https://sites.google.com/onpam.net/keiyaku/

*本講座は、昨年好評いただいた実践的な契約模擬交渉に、インボイス講座を加えた2部形式で行います。東京、那覇、名古屋、仙台の4都市にて開催しオンラインで学べるeラーニングの配信と併せて活用いただけます。舞台芸術の現場に携わる皆さんが、創作の過程においてストレスのないコミュニケーションを行うための知識や方法を学び、健全で持続可能な創作環境をつくっていけるようにすることを、開催の目的としています。

◆第一部「今こそ聞きたい!インボイス講座」
《講師》杉井俊文(税理士/ソーシャルグッド会計事務所 代表)

◆第二部「契約模擬交渉ワークショップ」
《講師※東京2/9》福井健策(弁護士・ニューヨーク州弁護士 骨董通り法律事務所代表パートナー、EPAD実行委員、緊急事態舞台芸術ネットワーク常任理事)
《講師※那覇、名古屋》島佑規(弁護士 骨董通り法律事務所、EPAD権利処理チーフ、緊急事態舞台芸術 ネットワーク事務局)
《講師※東京2/17、仙台》石井あやか(弁護士 骨董通り法律事務所)
◆スケジュール:
【東京1】2月9(金)17:30~21:00    会場:あうるすぽっと会議室
【東京2】2月17(土)14:30~18:00  会場:YAU スタジオ
【那覇】2月23日(金/祝)14:30~18:00  会場:沖縄産業支援センター
【名古屋】2月26(月)17:30~21:00   会場:ウインクあいち
【仙台】3月2日(土)14:30~18:00  会場:KOMOBASE sendai

◆定員:各回40名(先着順)
◆対象者:舞台芸術関係者、制作、スタッフ、出演者等(経験、年齢などは問いません)
◆受講料無料

********************************
特定非営利活動法人 舞台芸術制作者オープンネットワーク 事務局
MAIL:info@onpam.net
ホームページ https://onpam.net/
********************************

2024年2月3日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

能登演劇堂の被災に際して 舞監協会会員様からの励ましのお言葉

日本舞台監督協会 会員様(個人会員様、賛助会員様)へ。
平素は当舞台監督協会へのご指導ご指南、及び、ご協力を誠にありがとうございます。
なお、新年明けました当日に、能登半島での大地震が起きました。
能登演劇堂も(石川県七尾市中島町)大きな被災を受けられた状況だそうで、白石英輔様や中村信一様他からの
ご音信を頂戴しております。(メール短信でご案内中)
皆様から、何か励ましのお言葉、或いはお知恵を頂戴できれば有難く存じます。
引き続きご指導及びご支援をよろしくお願いいたします。

下記、会員様からの励ましのお言葉です。

北陸地方の舞台監督協会員の皆様
はじめまして、宮城県仙台市の舞台監督工房 石井忍と申します。
この度は本当に大変な事が起きてしまいました。心からお見舞い申し上げます。
東日本大震災の事がまざまざと蘇ってきて、体が震える思いです。
損壊や避難所となって仕事が出来る劇場がなくなってしまった僕らに鹿児島や愛媛や岐阜からお声がけ頂きお呼び頂いて
舞台のお仕事をさせて頂きました。東北がそうであった様に、北陸も必ずや復興出来ます!

その過程で「心のインフラ」である舞台芸術が被災地の皆様に笑顔をもたらす時が必ず来ると思います。
ご参考までに一点だけ経験からのお話をお伝えさせて下さい。
宮城県でも東日本大震災では大きな被害を受けなかった様に見えた劇場が、数年後に起きたそれ程でもない地震で客席の天井がほとんど崩落した事が有りました。
長い戦いになるかと思いますが、舞台も客席も笑顔で溢れる時の為に共にがんばりましょう♪
一日も早い復興と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
有限会社 舞台監督工房石井 忍

理事長 小川幹雄
(代事務局)拝
TEL&FAX:03‐6256‐9535
nbkk@dantai.xsev.jp

新年のごあいさつに代えて

年始早々の大地震(能登半島~石川県輪島市他、周辺地域)や羽田空港での衝突事故等、
失われる事を予想していない命を多数の方が落とされています。
この事実に震撼しながら、一瞬でも大切に生きないといけないと思います。
励ましのお言葉等頂戴できれば
大変有難く存じます。nbkk@dantai.xsrv.jp
理事長 小川幹雄
(事務局)

文化庁 令和5年度「ハラスメント防止対策支援事業」12/20申請開始 芸団協様より

文化庁 令和5年度「ハラスメント防止対策支援事業」12/20申請開始
作品・公演単位で行われる、講習会や専門家配置等のハラスメント防止対策の取組に対して、上限20万円が補助されます(件数上限あり/申請順に交付決定)。
12月18日、21日にはオンライン説明会(事前申込み制)も開催。
詳細は、文化庁ウェブサイトをご確認ください。

https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunka_gyosei/kibankyoka/no-harassment/index.html

【申請期間】2023年12月20日(水)14:00~2024年2月26日(月)
【対象事業】2024年1月~3月19日の間に開始・完結する取組み

2023年12月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

アーツカウンシル東京「スタートアップ助成」令和5年度第4回公募 芸団協様より

●アーツカウンシル東京「スタートアップ助成」令和5年度第4回公募ガイドラインが公開(1/4申請開始)
2023年度第4回の申請受付開始に先立ち、公募ガイドラインが公開されました。詳細は、下記URLをご確認ください。
https://www.artscouncil-tokyo.jp/ja/what-we-do/support/grants/startup-grant-program/63492/

【申請受付期間】第4回:2024年1月4日(木)~1月18日(木)(2024年4月1日~2024年12月31日に実施する事業が対象)
【対象者】東京を拠点に芸術活動を行い、東京の芸術シーンの次代を担うことが期待される個人、または新進の団体(芸術団体、実行委員会等)
【対象となる事業】分野:音楽、演劇、舞踊、美術・映像、伝統芸能、多分野複合
(1)都内での芸術創造活動(都内で実施する公演など
(2)国際的な芸術創造活動(海外公演、招へい公演など)
【助成上限額】
個人:30万円/団体:100万円 かつ助成対象経費合計額の範囲内
【問合せ】(公財)東京都歴史文化財団 アーツカウンシル東京 活動支援部助成課
TEL:03-6256-8431(平日10:00~18:00)

2023年12月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

Japan Film Project ジェンダー調査資料を公開 芸団協様より

●Japan Film Project ジェンダー調査資料を公開
一般社団法人Japan Film Projectが実施した映画業界、演劇界のジェンダー調査の概要が公開されました。意思決定職とアシスタント職、劇場・音楽堂等の役員などの男女比などが示されています。
「日本映画業界の制作現場におけるジェンダー調査 2023冬 ~実写邦画・アニメ映画編」「日本演劇領域におけるジェンダー調査 2023冬」
https://jfproject.org/research/

 

2023年12月16日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

【インボイス制度について(広報資料の更新、追加等)】芸団協様より

芸団協NEWS(文化庁文化経済・国際課からのご案内)2023年12月7日
【インボイス制度について(広報資料の更新、追加等)】

インボイス制度に関し、財務省等にて広報資料の更新、追加等が行われました。https://www.bunka.go.jp/koho_hodo_oshirase/sonota_oshirase/93972901.html

主な更新資料
・資料1「お問い合わせの多いご質問」
・資料3「インボイス制度開始後において特にご留意いただきたい事項」 等

 

2023年12月7日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai

【自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)の適用について】芸団協様より

芸団協NEWS(文化庁文化経済・国際課からのご案内)2023年12月7日
【自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)の適用について】

先般、厚生労働省より標記の件について文化芸術関係団体への周知依頼がありました。これは、自動車運転者(ドライバー)の労働時間等の改善のため、拘束時間、休息期間、運転時間等の基準が令和6年4月1日より改訂されるものです。

・この規制の対象となるのは、「労働者であって」「自動車の運転の業務に主として従事する者」ですが、個人事業主等である運転者にも、実質的に遵守が求められます。

・「主として従事する」は「自動車を運転する時間が現に労働時間の半分を超えている」または「超える見込み」であるかどうかです。(実際には個別に判断されます)
・違反した場合、事業者や運転者である当該個人事業主が、国交省から車両停止等の処分を受ける可能性があります。

[厚労HP]自動車運転者の労働時間等の改善のための基準(改善基準告示)リーフレット等に加え、告示、通達等についても下記に掲載しております。ご活用ください。

*発注者へのお願い事項についてはパンフレットのP18にございます。https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/gyosyu/roudoujouken05/index.html

※発注者へのお願い事項抜粋(トラック運転者向けのパンフレットのP18)
発着荷主等におかれては、次の取組を行っていただくようお願いします。

① 発着荷主等の荷主都合による長時間の恒常的な荷待ちは、自動車運転者の長時間労働の要因となることから、これを発生させないよう努めてください。
② 運送業務の発注担当者に、改善基準告示を周知し、トラック運転者が改善基準告示を遵守できるような着時刻や荷待ち時間等を設定してください。
③ 改善基準告示を遵守できず安全な走行が確保できないおそれのある発注をトラック運送事業者に対して行わないでください。

2023年12月7日 | カテゴリー : お知らせ | 投稿者 : bukankyoukai